NGOカトマンドゥ日記

ドゥルガさんの帰郷

2013、3、13

ドゥルガ〔本多まや〕さんは、16年ぶりの帰郷を果たした。
帰郷の理由の一つには、去年9月のシタエアーの墜落事故がある。
殉職したタケシさんの追悼を行うためだった。
タケシ・タパさんはロク・バハドゥール・タパさんの長男で、ドゥルガさんにとり甥にあたる。
タパ氏は武士階級であり、武士、すなわちタケシ、とは、ドゥルガさんが名付けたのである。
また、長女のゆき恵さんに、初めてのネパールを見せる目的もあった。
e0155370_1744810.jpg

バンコク空港での二人。
右は、本多まや〔ドゥルガ〕さん。
左は、長女のゆき恵さん。
e0155370_1784784.jpg

松本の「梅宮アンナ」こと、ゆき恵さん。
e0155370_17113755.jpg

ドゥルガ〔本多まや〕さん。
[PR]
by ngokathmandu | 2013-03-13 16:58 | ネパール植林地
<< カウレ村での水やり  国内航空の事故現場 >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧