NGOカトマンドゥ日記

カトマンズの花屋

2010、 8、17

昔、40年も前だが、初めてカトマンズにパン屋が出来た。
ナキサールに「クリシュナのパン」が開店した。
欧米人が、列をなした。
ただ、花屋はずっとなかった。
実は、敬虔なネパール人にとって、花は毎日必要なのだ。
それでも、花屋はなかったのだ。
e0155370_20395223.jpg

王宮通りから東に曲がって行くと、カマラディである。
なぜか、ここに花屋が集中している。
e0155370_20404456.jpg

だから、それぞれの店は、特色をだしている。
e0155370_20412272.jpg

お祈りの花だけでなく、結婚式や、贈答用の花もある。
e0155370_20415818.jpg

花屋通りを見ると、ネパールの人たちの生活が、大きく変わっているのに気づく。
e0155370_20423470.jpg

これは、結婚式のあと、花嫁花婿を乗せる自動車を、飾っているところだ。
[PR]
by ngokathmandu | 2010-08-17 20:32 | ネパール植林地
<< ストリートチルドレン等 カトマンズの街の商売  >>



小中学生の牛乳パック回収によるヒマラヤの森作り
NGOカトマンドゥ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧